感染対策について

当院の感染対策についてご説明いたします。
我々は患者さんの信頼を得ること、従業員の安全を確保することこそが歯科医療の質を高めることにつながり、それがさらなる患者さんの信頼を高め、継続したご通院のモチベーションになると確信しております。
それゆえ我々は、感染対策にかかる費用を「未来への投資」と考えております。我々が信頼されることで患者さんが継続してご通院していただくことになり、当院の経営が安定し、さらに上質な医療を提供することができるという、Win-Winの関係を築くことができることを望んでいます。
幸いにもこれまで日本の歯科医療機関では院内感染(医療関連感染)の報告がない、ということによる危機感の欠如が考えられます。しかしながら一般の病院(大学病院や総合病院)では毎年院内感染のニュースが報じられていることからも明らかなように、医科領域でレベルの高い対策がとられているにもかかわらず発生してしまう院内感染が、歯科医院ではありえない、と考えるほうが、無理があります。
「院内感染の報告がない」ことは「院内感染の事例がない」ことを保証するものではなく、「院内感染の可能性がない」ことの証明にもなりません。我々医療従事者は医学者であると同時に科学者でもあります。科学的に院内感染の可能性があるのであれば、科学的に正しい対策を取るべきなのです。

科学的に正しい対策について

それでは当院ではどのように「科学的に正しい対策」を取っているのか、をご紹介いたします。基本方針は「スタンダードプリコーション」という概念です。これはCDC(アメリカ疾病管理センター)が提唱している感染対策であり、「全ての患者の汗を除く体液は感染性のあるものとして扱い、これらに触れる場合や触れる可能性がある場合は対策を行うこと」と定義されています。

ここでポイントとなることは2つあります。1つは「すべての患者」という部分、もう1つは「汗を除く体液」というところです。
誰がどんな感染症を有しているのか、顔を見ただけではわかりません。更にご本人が自覚をしていても申告がない場合もありますし、そもそもご本人が気づいておられないこともあります。そのため、すべての患者さんが何らかの感染症を有している、という前提で感染対策を行う必要があるわけです。

もう1つの「汗を除く体液」ですが、歯科領域で問題となる体液には「血液」と「唾液」があります。血液中には「B型肝炎ウィルス」や「C型肝炎ウィルス」、「ヒト免疫不全ウィルス(HIV/エイズ)」などが含まれている可能性があります。また、唾液中にはう蝕(むし歯)や歯周病の原因菌が含まれています。これらの体液が患者さんから患者さんへうつらないように、医療機器の消毒・滅菌、医療従事者がきちんと手指衛生(手洗い)やグローブの装着をすることは医療機関として必須の行為です。歯科治療を行う上でスタンダードプリコーションは必要不可欠であることがお分かりいただけたかと思います。

スタンダードプリコーションについて

それでは実際に、当院ではどのようにスタンダードプリコーションを実施しているのかをご説明いたします。
まず医療機器の消毒・滅菌についてご説明いたします。治療に使用した歯科治療器具には金属等の熱に強い再利用可能なものや、プラスチック等の熱に弱い再利用不可能なものがあります。金属等の再利用可能なものは、まず洗浄を行います。洗浄にはウォッシャーディスインフェクターという医療用の洗浄機を用います。当院では現在2台稼働しております。

ウォッシャーディスインフェクター

このウォッシャーディスインフェクターは洗浄力が強く、また全自動で洗浄から熱水消毒(消毒のレベル分類では最高の高水準消毒)まで行うことができます。レベルの高い洗浄により、医療による汚れ(学問的にはバイオバーデンと言います)を99%以上取り除くことができるとされています。当院には2台設置しております。

高圧蒸気滅菌器

その後、高圧蒸気滅菌器という機器を用いて滅菌を行います。
洗浄で取り除けなかった残りの1%の汚染を、滅菌を行うことで処理します。
プラスチック等の再利用不可能なものは全てディスポーザブル、使い捨てにしております。例えば、歯ブラシや歯間ブラシ、レジン(歯科用プラスチック)を扱う筆、PMTC(専門的な歯の清掃)に用いるブラシやカップなどです。

安全な医療機器で治療

このような処理を行うことで安全な医療機器で治療を行うことができます。
しかし、医療機器が安全になっただけではスタンダードプリコーションには不十分です。加えて必要なことは医療従事者の手がきれいであることと、グローブ等の保護具を装着していること、医療行為による汚染が広がらないように対策を行うことです。
スーパーやレストランの出入口にアルコール手指消毒薬が配置されているのをご覧になったことがあると思います。アルコールによる手指衛生が最も信頼性が高く、簡単に行うことができるため、WHOからも医療機関で採用するよう勧告がなされています。
アルコールによる手指衛生はグローブを装着する前と装着した後、ゴーグルやマスクを外した後に行う必要があるとされています。当院では手間がかかりますが、スタッフ全員で手指衛生に取り組んでおりますので、安心してください。またグローブの装着は、当院では患者さんごとはもちろん、処置と処置の間にも交換することがあります。マスクやゴーグル、フェイスシールドも装着し、医療従事者の目や鼻、口を保護することも重要です。これは患者さんには直接は関係ありませんが、我々が病気にならないようにするには大切なことです。

医療行為による汚染が広がらないように、とはやや難しい表現かと思いますので解説いたします。例えば患者さんの口腔内を触れたグローブのまま、カルテやパソコンに触れたとします。そこには細菌やウィルスが一時的に付着します。その後処理を終え、グローブを外し、手指衛生を行った後、カルテやパソコンに触れる…。こうして汚染が広がってしまいます。 当院ではこのようなことがないようにするため、口腔内に触れた手で周囲の環境を汚染されることがないよう、安全に配慮した治療を行っております。

上記のように当院では充実したスタンダードプリコーションを実施しております。高いレベルで安全な医療を提供している自負がございます。どうぞご安心してご通院いただければと思います。

<同業者の方へ>
私はインフェクションコントロールドクターという感染症診療・感染予防対策の専門資格を有しており、ハイレベルな院内感染対策の充実を図っております。他歯科医院の感染対策のレベルアップを図るための講演・指導を請け負う事業も営んでおります。もしこのホームページをご覧になった歯科医療関係者の方で、感染対策のレベルアップを図りたいというご希望がございましたら当院までご一報ください。喜んでお手伝いいたします。

文責:河野